2020年4月28日

その他の宗教について(日蓮系) タイトルをクリックすると本文に移動します。

(1)霊友会
これまでにおおくの分派を生み出していますが、その出発点は創立者の久保角太郎、
および初代会長の小谷喜美が在家による法華経の実践を目指して布教をすすめた昭和
初期にさかのぼり、戦後大きく組織を拡大しました。
従来の「父から息子へ」という家督継承の原理に偏ることなく、父系・母系双方の先
祖供養を重視することでも知られています。
(2)立正佼成会
上に述べた霊友会の信者であった庭野日敬、および長沼妙佼により1938年(昭和13
年)に創立されました。いわゆる「法華三部経」を経典としており、当初は姓名判断
なども布教の中核に位置づけられていたものの、現在では数学の研鑽に力を注いでい
ます。
(3)創価学会
「創価」とは価値創造を意味し、「生命の尊厳」の確立に基づく「万人の幸福」と「
世界平和」の実現が目標とされています。1930年(昭和5年)に、教育者であった牧
口常三郎や戸田城聖を中心に創立されました。

2020年4月28日

キリスト教について タイトルをクリックすると本文に移動します。

キリスト教は、神の子であるイエスこそが救い主であり、人間を救済するために自ら十字架に
かけられ、その後に復活したという信仰を中心とする宗教です。
多くに日本人にとってキリスト教は「西欧を中心とする宗教」という印象が強いといえるかも
しれません。しかし歴史的に見れば、キリスト教は1世紀初めに中近東のパレスチナでイエス
が教えを説いたことからはじまりました。また、キリスト教は紀元前1000年よりもさらに古い
歴史を持つユダヤ教から生まれてきた宗教であり、ユダヤ教の経典である『旧約聖書』と、イ
エスの生涯と言葉を記した伝記や書簡などからなる『新約聖書』を教義の中心とします。
イエスの死後、ユダヤ教から離れて独自の教会を築いていったキリスト教はローマ帝国に広が
り、さらに中世にはヨーロッパおよび地中海の幅広い地域で信仰されるようになりました。現
在ではすべての宗教の中でも最も多くの信者を有するとされており、世界各国の社会と文化に
大きな影響をもたらしています。

2020年4月28日

神道について タイトルをクリックすると本文に移動します。

神道は古代から続く日本固有の宗教としての地位を今日にいたるまで保ち続けており、
俗に「八百万の神」と称されるように多様な神々を崇敬し、家や地域の祖霊を敬い、祭
祀を重んじるという特徴を持つものです。同時に神道は歴代の天皇家が信仰する宗教で
もあることから、国家の体制とも深く結びついてきました。
一方で、神道は長きにわたって仏教と混ざり合いながら人々の生活に溶け込んできたの
も事実であり、例えば同じ家の中に神棚と仏壇の両方があったり、神社と寺院が同じ敷
地内に建てられているという光景は珍しいものではありません。近代の幕開けとなる明
治維新では、天皇の権威を中心とする国家体制を築くため、新政府が「神仏分離令」を
打ち出して神道と仏教を切り離そうと試みましたが、民衆の暮らしの中で明確に双方を
切り離すことはできませんでした。しかし、それは神道という宗教の教理があいまいと
いうことを意味するのではなく、むしろ日本の風土に根ざした多様な民族と信仰を受け
止めながら、様々な形態を伴った民族宗教として確立されていったと考えることができ
ます。

2020年4月27日

仏教各宗派について(法相宗編) タイトルをクリックすると本文に移動します。

三蔵法師の名で知られ「大唐西域記」を著した中国の玄奘を始祖とし、その弟子の
窺基が師の伝えた唯識教学を法相宗として大成しました。日本に伝えられたのは留
学僧として入唐した道昭によります法相宗は南都六宗とよばれ奈良時代に栄えた仏
教宗派のひとつで、「成唯識論」を中心に万物唯識を説く学問仏教です。

2020年4月27日

仏教各宗派について(華厳宗編) タイトルをクリックすると本文に移動します。

「華厳経」の教えに基づいて開かれた宗派で中国の僧審祥が奈良の金鐘寺で「華厳経」
を講義したのが始まりとされています。「華厳経学」では仏教本来の縁起説を発展させ
た「無尽縁起」を説いています。本尊の「毘盧遮那仏」の象徴である太陽の光が重なり
あってもおたがいが妨げにならないように、宇宙の万物は無限に関係しあって存在して
いるという世界観があります。

2020年4月27日

仏教各宗派について(律宗編) タイトルをクリックすると本文に移動します。

中国の唐時代に道宣によって、大成された大乗仏教の宗派の一つで、鑑真によって伝えられました。
仏教の教義研究を主とする学問仏教の宗派です。鑑真は東大寺に日本で初めての戒壇院を設け、又
戒律を修める根本道場として唐招提寺を開き布教に努めました。戒律に基づいて身・口・意の三つ
の行為おいて実践していくのが仏に至る道と説いています。一時期には、真言宗に包括されたこと
もありますが、後年独立し、又一部が真言密教と融合して、真言律宗として独立し西大寺を総本山
としています。

2020年4月22日

仏教各宗派について(時宗編) タイトルをクリックすると本文に移動します。

一遍上人が熊野権現で受けた神託で「自分が衆生を救うのではなく、ただ阿弥陀仏
によって既に救われていることを人々に告げるだけだ」と気づき」阿弥陀仏の絶対
の救済性を確信しました。この年(1274年)が立教開宗の年とされています。
一遍上人はこの他力念仏をすべての人に勧め、生涯「南無阿弥陀仏」と記した名号
札を配りながら、全国を歩き信徒もまた集団でこれに従ったとのことです。
子の信徒を「時衆」といい、後に「時宗」と呼ばれるようになったのです。時宗の
「踊念仏」はすでに救われていることの喜びにあふれ自然発生的に生まれたものと
言えます。

2020年4月22日

仏教各宗派について(黄檗宗編) タイトルをクリックすると本文に移動します。

隠元は中国臨済宗の人ですが、中国黄檗山万福寺の住職を辞して江戸初期に来日し、
徳川四代将軍家綱より京都宇治に寺領を賜り中国と同じ山号の黄檗山万福寺を創建
して開宗しました。
臨済宗の宗風に「念仏禅」を加えた隠元の教えは、往生浄土や念仏等の浄土教協議
を合わせて説いています。坐禅によって心身の統一をはかり、労働奉仕のよろっこ
びを覚え、朝夕の写経によって自己反省を促し、厳格な食事作法に一粒の米の尊さ
を教えるなど日常生活の精進を強調しています。

2020年4月22日

仏教各宗派について(日蓮正宗編) タイトルをクリックすると本文に移動します。

日蓮の六老僧のひとり、日興によって開宗された日蓮宗の分派で富士門流の系譜をひき、
静岡県、富士宮市の大石寺を総本山としています。
創価学会はその信徒団体として昭和12年に発足しました。
他宗と違ってこの布教の特徴は現世利益の追求にあり、一般大衆庶民のこころをつかみ
急速に組織を拡大し、現在では公称会員数1689万人を擁する巨大な組織となっています。

2020年4月22日

仏教各宗派について(曹洞宗編) タイトルをクリックすると本文に移動します。

八世紀の始めごろ中国にできた曹洞宗を道元が日本に伝えたものです。
道元は比叡山で天台教学を修め、栄西の弟子になって禅を修めたのち、中国の宋
にわたり3年間の修業を経て帰国。京都の建仁寺に入り、「座禅こそ安楽の法門
である」と説き、やがて京都深草に興聖寺を建立、ここを拠点に曹洞宗の禅風を
広めていきました。
1244年には越前の永平寺を開山し、ここを曹洞宗の根本道場とさだめ、新たな教
化活動をおこし「正法眼蔵」という大著を執筆しました。
「只管打坐」を強調し、雑念を交えず座禅するその姿が仏だと信ずること(即身是
仏)を宗旨であるとしています。