2020年6月8日

葬儀豆知識 弔電について タイトルをクリックすると本文に移動します。

弔電とはやむを得ず葬儀に参列がかなわない場合、喪主やご遺族の方々へ故人を慎みお悔やみの気持ちを送る電報のことです。
NTTや郵便局などの様々な電報サービスを使い送ることができます。送られた弔電のメッセージは告別式で読みあげられ、弔電の数が多い場合は一部が読み上げられます
訃報の連絡を受けたけれど葬儀に参列できないというときは弔電を送り、ご遺族に対して弔意を伝えます。
故人を偲び、ご遺族に心からのお悔やみの言葉を送りましょう。「繰り返し」「重ね重ね」など不幸がつづくと連想させる言葉、「死亡」「死ぬ」など直接的な言葉は忌み言葉と呼ばれ、使わないのが弔辞のマナーです。
また、仏事では一般的な「冥福」や「成仏」という言葉は、キリスト教など他の宗教では、ふさわしい表現とはいえません。
適切な文面が浮かばない時はNTTや郵便局など電報サービス業者の用意している文例を使っても構いません。最近は、プリザーブドフラワーやお線香がセットになったものなど、さまざまなタイプが揃っています。また、手書きの文書を送れるもの、インターネットで注文できるものなど、選び分けが可能です。
弔電は喪主宛に送るので、お名前を間違えるなど失礼のないように注意しましょう。
訃報の連絡を受けたら、葬儀の日時、お葬式が営まれる場所、喪主のお名前、宗教を確認します。
弔電の送り先は、葬儀式場が自宅ならご自宅に、斎場なら斎場名気付にします。斎場宛に送る場合は特に、受取人である喪主のお名前まで忘れずに記しましょう。喪主のお名前は葬儀のお知らせ通知でしっかり確認を。訃報を人づてに聞くなどして喪主の名前がわからない場合は、故人のフルネームを書き、「(故人の名前)様 ご遺族様」としても構いません。
送り主(自分)の名前も忘れずに入れ、葬儀に間に合うよう、前日までに手配しましょう。

2020年6月7日

葬儀豆知識 数珠について タイトルをクリックすると本文に移動します。

多くの小さな珠(たま)に糸を通し輪状にした法具(仏具)のことです。仏教のお経、念仏を唱える際に使用する珠という意味で念珠と呼ばれることもあります。珠の数は煩悩を表す数の108個が基本と言われています。実際は持ちやすいように半分の54個、4で割った27個などの様々な種類があります。
紀元二世紀頃インドで生まれ、世界各地に広まった数珠。日本には八世紀頃伝わり、今では私たちにとって弔事では身近な仏具の一つとなりました。数珠は、もともと念仏やお題目を何回唱えたかを数えるためのもの。珠の材料は、菩提樹の実や水晶をはじめ、鉄、赤銅、真珠、珊瑚など。房の付いた親珠を中心に、多数の小さな珠をひとつの輪につないだものが一般的ですが、種類は宗派によって違いがあり、現在では七十種類ほどもあるようです
数珠の珠は、通常、百八が基本で、五十四、四十二、三十六、二十七、二十一、十八と、数が少ないものもあります。百八とは、大晦日の夜につく除夜の鐘でも知られるように人間の煩悩の数。そのことからも、数珠は、仏教的には「煩悩を消滅し、仏の功徳が得られますように」との願いを込めて、手にするものであることが分かります。
では実際、あなたは葬儀に参列する際、数珠を携帯していますか。「仏様を拝むのだから、必ず持つ」という人「スーツにネクタイをするように、数珠を持つのは一種のマナーのようなもの」という人「特に必要性を感じたことはないから持たない」という人など、それぞれだと思います。いずれにしても大切なのは、故人や仏に対する心持ち。数珠の本来の意味を知ったうえで、相手への弔意を示すアイテムの要素をふまえながら自分自身で選択すればよいのではないかと思われます。

2020年6月6日

葬儀豆知識 通夜・葬儀時の服装 タイトルをクリックすると本文に移動します。

服装を選ぶ際にもっとも大切なのは『故人への哀悼の意を表す』という点を優先することです。遺族でなければ通夜も告別式も地味な平服で参列してもかいません。お通夜には、地味なものであればいわゆる「喪服」でなくてもよい、というのが原則です。本来喪服とは遺族と近親者が喪に服していることを示すもの。喪章もおなじで遺族側が着用するものと考えられています。つまり、一般の参列者は喪服があればそれにこしたことはないですが、服装よりも気持ちを優先させて平服でも構わないのです。
平服の場合には、次のことに注意しましょう。 男性は地味なスーツと黒のネクタイ、黒の靴、女性の場合も 地味なスーツかワンピースに黒の靴を選びましょう。なお女性の場合、アクセサリーについては、弔事にはつけないのが一般的ですが、パールのネックレスやブローチなどは用いてもよいとされています。
また、お通夜の際は、喪服姿だと、故人の不幸をあらかじめ予測していたかのような印象を与えるため、嫌がる方もがいらっしゃいます。そのため、地味な平服の方が無難かもしれませんが、最近では、お通夜だけに出席する人も増えており、そのような場合には、喪服で出席した方がよいでしょう。

いずれにせよ、どのような服装にするかについては、こうでなければならない、という決まりはありません。地域性も多少ありますが、一番大切なのはご遺族の気持ちを第一に考え、その上で自分のお悔やみの気持ちをどう表すかということを判断の基準にすることです。それぞれの状況、場面に合わせながらその場の雰囲気に合った服装を心掛けることが重要になります。

2020年6月4日

葬儀豆知識 お香典返し タイトルをクリックすると本文に移動します。

  • 香典返しは、忌明けの報告とご挨拶をかねた大切な儀礼。仏式では49日の忌明け法要後、また神式では30日か50日、キリスト教式では30日が経った頃に行いますが、最近では当日にお返しすることも多くなりました。
    香典返しは、いただいた香典金額の半分から3分の1程度に相当する品物を、礼状とともにお返しするのが一般的。お返しする品物は、バスタオルや石けん、 銘茶といった日用品が多いようです。また、「土に帰る」という意味から、陶磁器などが使われることもあります。

    香典返しの金額は、故人の社会的地位やその土地の習慣などによって異なりますが、金額や品物にこだわるのではなく、お世話になった方への感謝の気持ちを添えてお返ししたいものです。

2020年6月1日

葬儀豆知識 ふくさについて タイトルをクリックすると本文に移動します。

  • 弔事の金封は、ふくさに包んで先方に持参するのが礼儀。しかし、祝儀袋と不祝儀袋とでは包み方が異なるので特に注意が必要です。台付ふくさの場合、台の色が赤いものは慶事用なので気をつけましょう。
    弔事用ふくさの包み方は、ふくさを菱形になるように角を上に広げ、その中央に不祝儀袋を表向きに置いて、右、下、上の順にたたむようにします。最後に左側を折って端を裏側 に回せば完成です。台付きふくさの場合は、爪を左側にしてたたみます。また、ふくさの色は、緑、灰色、紫など、地味な色のものが無難でしょう。