2021年2月13日

葬儀豆知識 墓じまい タイトルをクリックすると本文に移動します。

一度埋葬していると、埋火葬許可書を現在の施設に渡していると思います。その施設から改葬(埋葬先を移す)する場合は、現在の施設のある市町村へ改葬申請書を提出して改葬許可書をもらい新しい埋葬先に提出しなければなりません。申請書には現在の施設管理者に確かに埋葬してある事を証明してもらう記入欄があるので記入して貰います。そして何処に移すのか?新しい埋葬先を明記する欄に記入して、新しい埋葬先から受け入れ証明書を貰う。または、確かにそこに移す事を証明する証として新しい合葬墓の権利書の写し(コピー)が必要になります。したがって新しい埋葬先を決めないと改葬申請書の提出が出来ないので、まずは何処にお骨を移すのかを考えていきましょう。

2021年2月3日

葬儀豆知識 告別式を2回に分けて行った場合の葬式費用 タイトルをクリックすると本文に移動します。

相続税の計算において、被相続人に係る葬式費用については、原則として相続税の課税価格から控除できますが、被相続人の住所地と出身地が離れている場合など参列者の便宜を図るなどの理由で、告別式2回に分けて行った場合の葬式費用の取扱いはどうなるのでしょうか。告別式を2回行った場合でも、その告別式が納骨前(死後間もなく)に行われていたり、その内容が1回目の告別式と同様の一般的な方式による告別式である場合には、死者の追善供養のために営まれる法会(初七日、四十九日、一周忌などの法事)ではなく、死者を葬るために行われた儀式であると考えられ、2回目のの葬式費用も相続税の課税価格から控除することができます。