2020年4月28日

キリスト教について

キリスト教は、神の子であるイエスこそが救い主であり、人間を救済するために自ら十字架に
かけられ、その後に復活したという信仰を中心とする宗教です。
多くに日本人にとってキリスト教は「西欧を中心とする宗教」という印象が強いといえるかも
しれません。しかし歴史的に見れば、キリスト教は1世紀初めに中近東のパレスチナでイエス
が教えを説いたことからはじまりました。また、キリスト教は紀元前1000年よりもさらに古い
歴史を持つユダヤ教から生まれてきた宗教であり、ユダヤ教の経典である『旧約聖書』と、イ
エスの生涯と言葉を記した伝記や書簡などからなる『新約聖書』を教義の中心とします。
イエスの死後、ユダヤ教から離れて独自の教会を築いていったキリスト教はローマ帝国に広が
り、さらに中世にはヨーロッパおよび地中海の幅広い地域で信仰されるようになりました。現
在ではすべての宗教の中でも最も多くの信者を有するとされており、世界各国の社会と文化に
大きな影響をもたらしています。

創業90余年「身になって、一緒に」の精神で、心を込めてお世話致します。
神戸市クレリ須磨・青木ホール
〒654-0024 神戸市須磨区大田町3-1-24
《フリーダイヤル》0120-020307