2020年5月20日

終活とは(6)

11、自分が生きた証
自分が生きてきた、生き様や自分という者を記憶に残してほしいなど、生きた証
としてなにかに記録しておきたい欲求は誰にでもあります。
自分の子孫に自分の存在や実績を残すことも、大切な生きている間の仕事といえ
ます。
12、自分の家族・親族との関係図を作成
核家族化が進んでいる昨今、子供に対し父母の兄弟その家族、親戚のことなどを、
子供たちに明確の残してあげることも大事な親の務めとなります。
そうすることにより子供たちは自分の立ち位置を確認、現在生かされている自覚
と、今後の親戚づきあいの目安ともなります。

創業90余年「身になって、一緒に」の精神で、心を込めてお世話致します。
神戸市クレリ須磨・青木ホール
〒654-0024 神戸市須磨区大田町3-1-24
《フリーダイヤル》0120-020307