2020年5月21日

仏壇について(1)仏壇の種類

  • 仏壇は故人を偲び、供養するための場であるとともに、法要や彼岸、お盆のときなどには大切な宗教儀式の象徴ともなります。一般的には、故人の四十九日や一周忌に合わせて購入する人が多いようです。
    仏壇には檜や杉を用いて、漆塗り・金箔仕上げを施した「金仏壇(塗り仏壇)」、黒檀や紫檀など木材が持つ風合いをそのまま生かした「唐木仏壇」等があります。
    宗教・宗派によって仏壇の種類や形式が異なり、また価格帯も非常に幅が広いので、故人の信仰や予算などを十分に考慮したうえで購入するようにしましょう。仏壇に飾る仏具として、花立て、香炉、燭台の三具足(みつぐそく)を必ず用意します。日頃から仏壇に手を合わせて、故人を敬慕する気持ちを忘れずにいたいものです。 

創業90余年「身になって、一緒に」の精神で、心を込めてお世話致します。
神戸市クレリ須磨・青木ホール
〒654-0024 神戸市須磨区大田町3-1-24
《フリーダイヤル》0120-020307