2020年6月1日

葬儀豆知識 ふくさについて

  • 弔事の金封は、ふくさに包んで先方に持参するのが礼儀。しかし、祝儀袋と不祝儀袋とでは包み方が異なるので特に注意が必要です。台付ふくさの場合、台の色が赤いものは慶事用なので気をつけましょう。
    弔事用ふくさの包み方は、ふくさを菱形になるように角を上に広げ、その中央に不祝儀袋を表向きに置いて、右、下、上の順にたたむようにします。最後に左側を折って端を裏側 に回せば完成です。台付きふくさの場合は、爪を左側にしてたたみます。また、ふくさの色は、緑、灰色、紫など、地味な色のものが無難でしょう。


創業90余年「身になって、一緒に」の精神で、心を込めてお世話致します。
神戸市クレリ須磨・青木ホール
〒654-0024 神戸市須磨区大田町3-1-24
《フリーダイヤル》0120-020307