2020年6月4日

葬儀豆知識 お香典返し

  • 香典返しは、忌明けの報告とご挨拶をかねた大切な儀礼。仏式では49日の忌明け法要後、また神式では30日か50日、キリスト教式では30日が経った頃に行いますが、最近では当日にお返しすることも多くなりました。
    香典返しは、いただいた香典金額の半分から3分の1程度に相当する品物を、礼状とともにお返しするのが一般的。お返しする品物は、バスタオルや石けん、 銘茶といった日用品が多いようです。また、「土に帰る」という意味から、陶磁器などが使われることもあります。

    香典返しの金額は、故人の社会的地位やその土地の習慣などによって異なりますが、金額や品物にこだわるのではなく、お世話になった方への感謝の気持ちを添えてお返ししたいものです。


創業90余年「身になって、一緒に」の精神で、心を込めてお世話致します。
神戸市クレリ須磨・青木ホール
〒654-0024 神戸市須磨区大田町3-1-24
《フリーダイヤル》0120-020307