2020年6月8日

葬儀豆知識 弔電について

弔電とはやむを得ず葬儀に参列がかなわない場合、喪主やご遺族の方々へ故人を慎みお悔やみの気持ちを送る電報のことです。
NTTや郵便局などの様々な電報サービスを使い送ることができます。送られた弔電のメッセージは告別式で読みあげられ、弔電の数が多い場合は一部が読み上げられます
訃報の連絡を受けたけれど葬儀に参列できないというときは弔電を送り、ご遺族に対して弔意を伝えます。
故人を偲び、ご遺族に心からのお悔やみの言葉を送りましょう。「繰り返し」「重ね重ね」など不幸がつづくと連想させる言葉、「死亡」「死ぬ」など直接的な言葉は忌み言葉と呼ばれ、使わないのが弔辞のマナーです。
また、仏事では一般的な「冥福」や「成仏」という言葉は、キリスト教など他の宗教では、ふさわしい表現とはいえません。
適切な文面が浮かばない時はNTTや郵便局など電報サービス業者の用意している文例を使っても構いません。最近は、プリザーブドフラワーやお線香がセットになったものなど、さまざまなタイプが揃っています。また、手書きの文書を送れるもの、インターネットで注文できるものなど、選び分けが可能です。
弔電は喪主宛に送るので、お名前を間違えるなど失礼のないように注意しましょう。
訃報の連絡を受けたら、葬儀の日時、お葬式が営まれる場所、喪主のお名前、宗教を確認します。
弔電の送り先は、葬儀式場が自宅ならご自宅に、斎場なら斎場名気付にします。斎場宛に送る場合は特に、受取人である喪主のお名前まで忘れずに記しましょう。喪主のお名前は葬儀のお知らせ通知でしっかり確認を。訃報を人づてに聞くなどして喪主の名前がわからない場合は、故人のフルネームを書き、「(故人の名前)様 ご遺族様」としても構いません。
送り主(自分)の名前も忘れずに入れ、葬儀に間に合うよう、前日までに手配しましょう。

創業90余年「身になって、一緒に」の精神で、心を込めてお世話致します。
神戸市クレリ須磨・青木ホール
〒654-0024 神戸市須磨区大田町3-1-24
《フリーダイヤル》0120-020307