2021年4月8日

葬儀豆知識 後悔しない家族葬

家族葬とは遺族や親族、ごく親しい友人などのみを招いて行う葬儀の形です。経済的な理由だけではなく、故人の遺志であったり、ご遺族が小規模な葬儀を望むことも増えてきています。しかし、近年増加しているとはいえ、家族葬はまだ新しい葬儀の形です。後悔のない家族葬にするためのポイントをご紹介します。①故人の宗教・宗派を確認し、葬儀形式などを決めましょう。いざという時に慌てないよう、事前準備や故人の遺志を確認しておく事が大切です。②家族葬の場合、葬儀に参列する方が限られるため「誰を呼んで、誰を呼ばないのか」を決める必要があります。ご遺族以外に葬儀に呼ぶ親族、親戚、友人の範囲や参列人数を家族で話し合っておきましょう。訃報の連絡をする方の名簿や一覧を作っておくと、ご遺族の負担が軽減されるだけではなく、連絡漏れなどのトラブルが避けられます。注意店としては、ご親族の方から「私も葬儀に参加したかったのに」「同じ友人の○○さんは参列したのに私は知らされなかった」と思われてしまう問題が多いことです。その後のお付き合いにも影響しかねません。ご親族以外を家族葬に呼ぶ場合は、故人との生前のお付き合いやご友人同士のつながり、今後のお付き合いなどを考慮しましょう。親族や親しいご友人などには、可能であれば家族葬について事前に説明をして理解を得ておくことをおすすめします。そして葬儀は遺族や親族だけのものではなく、故人のご友人や会社関係の方などの「私もしっかりと見送りたい」というお気持ちにも配慮を忘れてはいけません。葬儀に来られない人への対応も事前に考えておくと、トラブルになりづらいですよ。葬儀とは遺された者たちが気持ちに整理をつけ、前を向いて歩きだすための区切りの儀式でもあります。後悔のない葬儀でしっかりと故人を見送ることができると良いですね。
創業90余年「身になって、一緒に」の精神で、心を込めてお世話致します。
神戸市クレリ須磨・青木ホール
〒654-0024 神戸市須磨区大田町3-1-24
《フリーダイヤル》0120-020307