お葬式でよく使う用語

あ行

家墓・合祀墓(いえぼ・ごうしぼ)
お墓のこと。表面には「○○家之墓」「○○家」などと刻み、それぞれの戒名や名前は、埋骨の際に墓誌か墓碑に列記していきます。
永代供養墓(えいたいくようぼ)
霊園や寺院が子孫に代わって、半永久的に供養や管理をしてくれるお墓。
お墓(おはか)
亡くなった人の霊を祀り、故人や先祖を供養する場所。
お盆(おぼん)
正式には「盂蘭盆」といいます。7月13日〜16日(地域によって8月13日〜16日)に祖先の霊を家に迎え、供養する行事のこと。

か行

開眼供養 (かいげんくよう)
単なる「物」でしかなかったものに魂を入れることです。仏壇を初めて購入した場合、眼を描き入れ仏に魂を迎え入れます。宗派によって法要が異なります。
戒名(かいみょう)
仏の弟子となった証として、故人におくられる仏名のこと。
海洋散骨(かいようさんこつ)
海に遺骨を撒く納骨法。
唐木仏壇(からきぶつだん)
桜・桑・黒壇・紫壇など、堅い材質を原料とした仏壇。黒壇、紫壇が一般的です。
還骨勤行(かんこつごんぎょう)
火葬場から遺骨を迎える際に行う儀式。
忌中(きちゅう)
故人が亡くなった日から忌明けまでの期間。
香典(こうでん)
故人とお付き合いのあった方々が、それぞれの弔意を表すために贈られる代金。
告別式(こくべつしき)
故人の友人や知人が、故人と最後のお別れをするための社会的な儀式。
個人墓(こじんぼ)
1墓に故人ひとりの戒名や名前が刻まれる故人専用のお墓のこと。

さ行

舎利(しゃり)
遺骨の、喉仏の骨のこと。
精進落とし(しょうじんおとし)
忌明けをもって、精進料理からふつうの食生活に戻るときの最初の食事のこと。
初七日(しょなのか)
故人が亡くなられた前日から数えて7日目。
樹木葬(じゅもくそう)
墓石ではなく墓碑に、許可を得た樹木を指定した納骨方法。
葬儀(そうぎ)
遺族や近親者が、故人の冥福を祈るために営む宗教儀式。
祖霊社(それいしゃ)
仏教の仏壇に対し、神道の方がご先祖をお祀りするための社。

た行

檀那寺(だんなでら)
檀家となっている寺。
通夜ぶるまい(つやぶるまい)
弔問に対するお礼と故人の供養の意味をこめて、弔問客を酒食でもてなすこと。

な行

納棺(のうかん)
故人を供養するために棺に納めること。

は行

比翼塚(ひよくづか)
夫婦ふたりだけのお墓で、夫婦のうちどちらかが亡くなったときに建てます。
分骨(ぶんこつ)
菩提寺が遠方にあるため近くの墓にも納骨したいときなど、遺骨の一部を別の場所に納骨すること。
菩提寺(ぼだいじ)
代々その寺の宗旨に帰依して、(先祖の)位牌を納めてある寺、先祖のお墓のある寺。

ま行

喪中(もちゅう)
一般的に、故人が亡くなってから一年間をいいます。

お電話での事前見積もり・お問い合わせはこちらまで

0120-020-307
(一般のお電話 078-732-0203)

資料請求はこちら